(ユダヤの格言)「何も打つ手がない時にも、ひとつだけ必ず打つ手がある。それは勇気を持つことである。」

カテゴリー:名言

当店の店主も貧乏の時期がありました。お金がないため、日雇いの引越し作業をやっていましたが、体がガタガタになり、毎日続けられないのです。軽作業でもなんでもなく、もう体力・精神力が崩壊しそうになりました。ガテン系ならともかく、そんな体力系でもなかったため、意識が荒廃してくるのです。それでも会員登録などをしたら、コイン業者やオークション会社からタダでカタログが届くのです。タダイズベスト!カタログを分解し、お気に入りのコインのページをポケットに忍ばせ、仕事中の空き時間、隙間時間に眺めていました。カタログ一冊を分解してしまうともうそれで無いので、「もう一冊頂けますか?」と分解用のカタログをもう一冊貰うのです。カラーコピー代もモッタイナイ!タダイスベスト!穴が開くほど眺めていました。土砂降りの中での作業でも、自分がそれを買ってどんなになってるかなぁーと想像を巡らしていました。金庫の中に並べてほくそ笑んでいる自分、枕元に並べて朝起きた時に眺める自分、妄想は暴走特急のように妄想特急で爆走してました。それから偶然にも、パソコンを使う官公庁からのお仕事に巡り合い、官公庁からの仕事なのでタイトさが全くなく、ゆる過ぎて、ヘッドホンで音楽聴きながら、残業つけまくりで体力消耗の割にはお金が溜まるようになり、引越し作業の悪夢の循環から脱け出れるようになりました。自分がその境遇に落ち込んで、何も打つ手がないと人生を投げるより、打つ手はある、勇気を持つこと、夢を持つこと。勇気も持ったって無理無理じゃない。夢を持ったってしょうがないじゃない。いつもオープンマインドを持ち、チャンスが自分に来るよう仕向けておくことは必ずです。誰から声がかかって、何がきっかけになるか分かりません。きっかけつかんだらそこで一生懸命やる。一生懸命やる人は必ず誰か見てる。人は一生懸命やる人に報いたいと思うもの。そうやって引き上げてもらったら、またそこで頑張る。自分がだんだん上の立場になったら、下の頑張りを見て、どんどん引き上げる。そうやって自分の周りに頑張る人たちが自然と集まるのです。自分が助け、助けられ、人のつながり、人のチェーンってそういったものです。

当店ショップURL
https://shop.edgycoins.com/