中国共産党高官のアンティークコインへの取り組み示唆(大紀元/中国語系メディア)

更新日:

この音源は、YouTubeに当初アップされた時には、「習近平の発言」と表現されていたようですが、アップ主が削除したか、中国寄りのYouTubeが速攻削除したか不明ですが、その後、「習近平の発言」という表現はなくなり、「中国共産党高官の発言」という表現に変わりました。

音源名:「中国経済政策において中共高官からの指示と見なされている録音」
(大紀元/中国共産党に批判的な中国語系メディア)

この中国共産党高官は、内々の座談会やコミュニティーで発言している模様、オープンの場での発言ではないところに真実・本音が見え隠れしています。

その発言内容に、アンティークコインに取り組むべき示唆が多いに含まれており、中国共産党高官が意図していないにしろ、早く始めるべきことが伺えます。

(スタート)

多くの人が必死に横領し、お金を集めている。しかし、彼らは分かっていない。

お金とは何か?お金は政府が国民に配った紙切れだ。

この紙切れは政府が認めれば使えるが、政府が認めず、別の紙切れに切り替わると使えなくなる。

つまりあなたは現に多くのお金を集めているように見えるが、仮に政府が新たな貨幣を発行すれば、全て無駄になってしまう。

だから貨幣は真の財産ではない。

貨幣を他の商品に変えれば、あるいは外貨、金にすれば本当の財産になる(<-ここ!)また、国民の財産は実を言うと政府の負債だ。
政府が自身の負債を減らしたいと思えば、株式市場を操作し、株価を暴落させればいい。また、不動産を暴落させる手もある。

私は皆さんにいつも、2つの概念を教えている。それを理解して欲しい。

1つ目は紙幣、つまり人民元とはただの紙切れで財産ではない。

2つ目は国民の財産とはすなわち政府の負債だ。

それを自分の財産だと思うのは間違いである。

政府が没収しようと思えば一瞬のことで簡単にあなたを陥れることができる。

要は金持ちは目先の利益しか見えておらず、先のことが見えていない。

王健林を見れば分かるように、瞬時に潰されてしまう。

つまりこのカラクリが分かれば、財産とは何なのかやっと理解できるだろう。

石、あなたが言った輸出の増税の件について、私はこのように考えている。

米国が増税すれば、我々は左手で増税しながら、右手で減税する。これで平衡を保つ。

また、紙幣を刷ったり税を還付したり色んな方法で取り戻すことができるだろう。

この観点から見ると、一方は左手、もう一方は右手。両方あるから問題ではない。

しかし、1番の問題は米国への輸出問題だ。中国が米国へ輸出すると、米国が増税すれば中国の外資企業が耐え切れなくなる。

それで企業らが25%の関税を払う必要があるのかと考えてしまう。

企業はここで儲けたいので、ベトナムやタイに企業を移す可能性が出てくる。

こうすれば、利益を最大限に引き出すことができる。外資の企業が撤退すれば、外資企業で働く中国人4500万人が失業してしまう。

国有企業ではこれらの失業者を働かせる余裕がない。

それに中国の輸出関連の加工貿易企業も倒産してしまい、その人数も数千万人にのぼる。

合計でおよそ8000万人が失業してしまうかもしれない。彼らは皆、家のローンを抱えている。

中国にどのような問題をもたらすだろうか?就職の問題はその背後には金融危機、不動産危機が潜んでいる。金融と不動産の危機は共産党の統治の危機となる。

したがって、無理な経済発展は中国に大きな変化をもたらす。これは肝要な問題だ。

元中国証券監督管理委員会の劉士余が全国計画供給消費公社の責任者になった。

劉が現在各省で同公社を立ち上げている。同公社は改革後、基本的になくなったが現在は全部、元に戻している。これを戻す主な目的は政府が国民に対し、計画的に購入させ、消費させること。

中央政府がすでに準備を完了した。

計画的に購入させ、消費させる計画経済の方法で経済を調整する。

つまり、現在の絶えず衰退する経済、行き詰った中国経済政策を管理する。

これでは経済体制が変わってしまうのではないか?まさにその通りで、完全に計画経済に戻る。

そうなればまた起業したいと思っても無理だ。ガス台もないのにどうやって料理するのだ。

私にはある案がある。将来どうしようもない時は、新たな貨幣を発行しようと考えている。

銀行が旧弊を回収すれば、大勢が家に隠している紙幣を出さざるを得ない。

でないと、紙くずになってしまうから。この方法で隠した地下資金を炙りだすことができる。

これでお金の不足問題を解決できる。これらの方法はいずれ使うかもしれない。

皆は早く準備にかかった方がいい。多くの人が必死にお金を集めているが、お金とは何か?

彼らは誰一人として分かっていない。お金は政府が国民に発行した紙切れだ。

政府が認めれば使える。認めず新たな紙切れを発行すれば、以前の紙切れが紙くずになる。

現在いくら横領し、家に隠しても政府が新たな紙幣を発行すると全て紙くずになってしまう。

したがって、お金は真の財産ではないというわけだ。

人民元を他の商品、あるいは外貨に両替、金を買ってこそ真の財産になる。(<-ここ!)

また、国民の財産は実を言うと、政府の負債に他ならない。

政府が自身の負債を削減したいと思うと、株を暴落させればいい。

また不動産を暴落させる方法で解決する。

私は皆にいつも2つの概念を教えている。

1つ目は紙幣のこと。人民元はつまり紙切れで財産にならない。

2つ目は国民の財産とは何なのか。政府の負債だ。

それは自分の財産だと簡単に思わないで欲しい。

政府が没収したいと思えば、すぐに没収できる。全く時間がかからない。

目先の利益に目が眩むお金持ちは先のことが読めない。

王健林も見れば分かるように、瞬時に潰されてしまう。

このカラクリが分かれば、真の財産とは何なのかが分かる。

真の財産とは自分の手中に抑えているもの。かつ、値打を保ちつつ価値を上げることもでき、変化が多様なものが真の財産だ。(<-ここ!)

多くの人が長年に渡って、横領に没頭したのに肝心なところが分かっていない。

これについて3年前から私は多くの友人に話した。

これからあなた達は貧乏な生活を覚悟した方がいい。

いつか計画経済に逆戻りするかもしれないからだ。

本当にそうなれば、私有企業、工商においての私有企業の財産は全部没収される。

なぜなら計画経済の場合は、非計画なことを許さないからだ。

これで共産党は金儲けの出口を全部塞いだので、金儲けは2度と不可能となる。

なので、考え方を早く取り戻し、これからの生き方をよく考えることが最も重要だ。

また、海外に行ける人は行った方がいいが、米国には行かないように。将来、米国は敵国になる。

米国にある財産は没収される。行く意味がない。中立な国を選んで住むことができる。

財産を海外に移した後、戸籍を消去した方がいい。でないと、あなたは中国の戸籍のままなので、中国はCRSに加入しているので中国にも税を払わないといけない。

海外に資産があれば国内にも税を払わないといけないからだ。

この世界的脱税防止網からは誰も逃れられない。

この大きな防止網がある現在、真の財産になるのはその監視を潜り抜けたものだ。

政府に察知されない財産こそが、あなたの真の財産になる。(<-ここ!)

今は財産を考える場合でもない。考えても間に合わない。今はこれからどうすればいいのか、つまり私たちがどう生きるかの問題だ。

今年の後半から年末までは人民元の元安が始まるかもしれない。

第1要因は米国に対抗するためだ。

第2要因は去年から今年まで豚ペストが多くの省で蔓延し、今年の後半から益々、酷くなるかもしれない。その上、輸入も厳しく、豚肉は非常に高値になるだろう。

豚肉の値段上昇がCRIの上昇をもたらす。皆はインフレが身近にすぐ来ていると感じ、貨幣の価値はあまりない。
将来、食糧問題も起こり、新たな価値観をもたらすかもしれない。

また、我々がこれまでやってきた全ては中国の現状を根本的に変えることはできない。

高層は依然として激しい闘争が続いておりさらに激しくなるため、最終的には誰が勝利するのかまだ分からない。国の舵取りを誰がすることになるか、

現在はまだ分からない。

現状を見ると民衆は見通すことができないはずだ。この舵取りが定まっていないため、来週あたり、米国のCRI株価指数も下落するかもしれない。

これは本当に大きな変化をもたらしてくれる。

米国は残りの3,250憶ドルにも25%の関税をかけると考え始めている。

中国がもし強行的な対抗措置をとれば、米国は中国を為替操作国に指定してしまう。

そうなれば関税は25%ではなく、40%~45%に引き上げられてしまう。

そうなれば完全に断交に近い状態に陥る。その時、私たちは毛沢東時代に退行するしかない。

この二世毛時代は初代毛時代にきっと及ばない。

ナポレオン3世はナポレオンに及ばないのと同じだ。

これについて皆、準備しておいた方がいい。現在、3つの勢力が争っている。

計画経済を取りたくない勢力もあるのだが、最後に勝ち取ることができるかどうかは未知数だ。

現在、どの勢力が勝つのか話題にするのは我々にとって危険すぎるから話さない方がいい。

英雄3人が呂布と交戦中であるが、お互いに戦えばいい。

現在、多くの解放措置は実は米国に見せかけるためにある。その措置は、中米貿易交渉を有利にするため。

交渉成功すればこれらの措置は必ずしも実行されるとは限らない。

中国人は約束を守ったことがあるのか?

政府が発布すれば必ず実行すると思ったら大間違いだよ!

(エンド)

当店ショップURL
https://shop.edgycoins.com/

-名言

Copyright© エッジーコイン / Edgycoins.com , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.